2011年04月09日

BH-745 携帯形魚群探知機とは?

BH-745 携帯形魚群探知機とはどんなものなのか?
使い方などを説明します。

まずは、魚群探知機の原理としては
センサーから超音波を発射し、
魚や海底、岩などにぶつかって戻ってくる反射波を
センサーで受信して魚の居場所を特定します。

センサーに反射波が戻ってくる時間を測定して距離を計測するのです。

BH-745 携帯形魚群探知機
魚の居場所を特定するのには反射波の強さを感知して行います。
つまり、海底からの反射波と魚からの反射波の強さの違いを感知して
魚群を特定しますので 攻め の釣りが可能になります。

縦方向では水深を計測してその間にいる魚を特定でき、
また、横方向では距離を設定してその間にいる魚も特定できるので
BH-745 携帯形魚群探知機さえあれば楽しい釣りが出来ること間違いなしですね。


BH-745 携帯形魚群探知機は下の画像をクリックしてみてください。
      ↓

posted by 魚群探知機親父 at 15:30| Comment(1) | 携帯魚群探知機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://fc515ok.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年08月03日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。