2011年04月08日

BH-745 携帯形魚群探知機の特徴

BH-745 携帯形魚群探知機の特徴はどうなのでしょう。


まず、BH-745 携帯形魚群探知機の一番解りやすいこととして、
『縦と横の魚の居場所を捜せることが出来る。』
ということでしょう。

BH-745 携帯形魚群探知機を使用すれば、
今までの単に魚を待って釣る「待ち」の釣り、「カン」を頼りにした釣りから
魚に居場所を知りそこへ餌を入れて狙い撃ちする「攻め」の釣り、「情報」の釣りへの進化が出来ることです。

主な特徴
・水平方向の魚も探知でき魚の居場所、距離がわかります。

・目で見るだけでなく音で知らせる機能、フィッシュアラーム機能が付いています。

・携帯形であるにもかかわらず、機能が充実しており、ポータブル魚群探知機としても使用できます。

主な仕様
・電池寿命:連続20時間(単4アルカリ電池4個使用)

・使用温度:0〜40度

・コード長さ:約10m

・探知モード:縦方向 深度0.8〜70m
       横方向 距離30m、20m、10m

・周波数:200kHz

・大きさ:約70x135x35mm

・防水性:本体部 防滴   センサー部 10m防水

・質量:約550g(アルカリ乾電池を含む)



BH-745 携帯形魚群探知機は下の画像をクリックしてみてください。
      ↓




posted by 魚群探知機親父 at 21:12| BH-745 携帯形魚群探知機の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。