2011年04月07日

BH-745 携帯形魚群探知機の使い方

BH-745 携帯形魚群探知機の使い方

・防波堤釣り
横探知モードで使用する
アジ、サバ、イワシなど家族連れには最適なサビキで釣ります。

回遊魚なので防波堤のそばに来たときは入れ食い状態で釣ることが出来ます。
BH-745 携帯形魚群探知機が魚群を確認したらすぐにコマセをまいて戦闘開始です。

タチウオを狙う場合は探知距離を30mに設定
海中を浮いたり沈んだりしてえさを探しているので
BH-745 携帯形魚群探知機の魚の反応があれば
距離を確かめて狙い撃ちしましょう。


・ボート釣り
縦探知モードで使用する
水深を確かめて間にいる魚を狙います。
BH-745 携帯形魚群探知機のモニターを確認して
中層域に魚群を発見したら距離を確認し、タナを狙って釣りましょう。


・かかり釣り
イカダから狙う場合は縦探知モードと横探知モードを使い分けて使用する。
チヌを狙う場合は、釣り場の真下に魚を集めるので縦探知モードで!

海中の中層を泳ぐ小アジなどを狙う場合は、横探知モードが有効です。



・淡水魚
ボートで釣る場合は縦探知モードを使用
オカッパ釣りは横探知モードを使用しましょう。
BH-745 携帯形魚群探知機はバスフィッシングにも使用できます。
バサーにとってはBH-745 携帯形魚群探知機でベイトフィッシュなどの動きを
見つけて攻めるのが有効です。

ワカサギなど水温で回遊する魚はBH-745 携帯形魚群探知機でタナを探して攻めましょう。



BH-745 携帯形魚群探知機は下の画像をクリックしてみてください。
      ↓




posted by 魚群探知機親父 at 17:03| 使い方の説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。